So-net無料ブログ作成

2016U-14新潟・長岡 韓国遠征現地レポート

【8月17日 韓国遠征6日目】

アニョハセヨ。
韓国遠征も6日目になり、選手たちも挨拶を現地の方とスムーズできる様になってきました。

長岡

TRM vs坡州FC U16 1-4

韓国遠征6日目、午前は長岡チームは坡州FC・U16とTRMを行いました。
韓国に来てから、猛暑が続いていますが、今日は一段と暑く感じるような気候でした。そのような中で、身体のサイズの大きい相手との試合でした。試合内容は相手チームがテンポの良いショートパス回しから、効果的なチェンジサイドを繰りかのに対して、なかなかボールの取りどころが定まらず、DFラインの背後を取られ4失点を喫してしまいました。後半は山崎コーチからのアドバイス、選手間のコミュニケーションにより、FWとMFのプレッシングが上手くいくようになると、こちらがボールを保持する時間が増えます。そして、後半終了間際に相手DFのパスをカットし、得点に成功しました。
IMG_4540.jpg
IMG_4539.jpg
TRMvs濟物浦中学校 2-2
午後は濟物浦中学校でTRMを行いました。韓国遠征、最後のTRMに臨みました。相手のロングボール主体の攻めに苦戦し、コーナーキックと、ロングボールの処理のミスで前半に2失点してしまいます。しかし、この韓国遠征の中でテーマとしてきた、競り合いの部分とビルドアップからの崩しの部分の成果が後半現れます。ハーフタイムに山崎コーチより修正された相手ロングボールのセカンドボールへ対応で、競り合いに勝つシーンが増え、ビルドアップに繋がります。中盤を経由し、サイドから相手ゴールに迫り、後半は2得点。2-2という結果で試合終了しました。
IMG_4519.jpg
IMG_4535.jpg
IMG_4516.jpg
IMG_4524.jpg
IMG_4544.jpg

新潟

決勝トーナメント1回戦 vs文来中学校 1-2

決勝トーナメント1回戦に臨んだ新潟チームは幸先よく前半3分に先制に成功します。右サイドをドリブルで突破しクロス、ニアに飛び込んだ選手がうまく合わせ得点します。その後は相手にボールを保持され押される展開になりますが、前半は無失点で終えます。
後半に入っても相手の攻撃は緩まず、シュートを打たれますが、GKを中心にカラダを張ってゴールを守ります。しかし、後半15分にクリアボールが短くなってしまったところを、相手に拾われてサイドから崩され、ゴールを奪われてしまいます。その後は新潟も相手ゴールに迫りますが、なかなかゴールに結びつかず、このままPK戦になるかと思われたアディショナルタイムに相手に中央をドリブルで突破され、痛恨の失点をしてしまいます。そして、そのまま試合終了の笛が鳴りました。
大江コーチも「こういう試合を勝てるようにならないといけない」と言ったように、劣勢な試合でも勝ち切る力をつけることが今後の課題となりました。
IMG_4572.jpg
IMG_4575.jpg
本日の結果を受け、新潟チーム、長岡チームともに敗退が決まり、19日に帰国することになりました。

本日、夜は韓国Kリーグ観戦を新潟チーム、長岡チーム合同で行いました。
日頃観戦しているJリーグとの違いに選手たちも食い入る様に試合観戦していました。
IMG_4551.jpg
IMG_4555.jpg
IMG_4581.jpg
IMG_4579.jpg
IMG_4582.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。